休職中に考えるゾウ

うつ病で休職中の30歳の考えていることをつらつらと。

休職一ヶ月目になったので(その2)

休職する前は

「全然働けるのになぜ休まなきゃいけないんだ。」

と思っていたのですが、休職した次の日からほとんど起き上がることが

出来なくなり、一日中寝てる日々が2週間くらい続いていました。

やはり心身ともに疲れていたのでしょうね。

 

眠りながらスマホアプリのオンデマンド放送を永遠と見たり、

スマホゲームを適当にやったりをしていました。

 

ご飯も食べれるときと食べれない時があり、

買いに行っても食べたいものが何もなく、そのまま帰ってしまうこともしばしば。

平日の昼間に外へ出ていることを人に見られるのも嫌なので、

外へ行くこともできず。。

 

そんなこんなで2週間経ってから、休職する前は仕事に対する意欲があり、

休んだとしてもすぐに戻りたいと思っていました。

しかし休職しだしてから、元々無理やり休職させられたと感じていたので、

「なんであんなところに戻らなきゃいけないんだろう」とか

「戻ったところで働き続けられるのだろうか」というような

不安がこみ上げてきました。

 

そんな新たな不安も頂きながら少しずつ体調が回復してきたのと、

心療内科からもらっている薬が増量されたことにより、調子が良くなったのか

1ヶ月経った今は少し躁転してきたような気がしています。

(処方されているのはサインバルタのみです。40mg→60mgになりました。

元々が薬で治すことを良しとしない病院のようで薬の種類は少ないと

思います。)

平日の朝から図書館に行ったり、パソコンを使って作業したりできるように

なりました。